遮熱技術

遮熱技術

断熱?遮熱?

「断熱」と「遮熱」は何が違うのでしょうか。
特にアメリカでは、1920年頃に熱力学の中の熱移動が体系化され、75%もの【輻射熱】をカットするために【反射技術(遮熱)】が取り入れられました。一方日本では、体感する熱移動の5%弱である【伝導熱】をカットする【断熱法】が一般常識です。この事は、欧米から見れば非常に不可思議な事として論じられています。

遮熱についての紹介動画です。

よくわかる遮熱技術Q&A

  • Q.
  • 熱の種類ってなんですか?
  • A.
  • 私たちの感じている熱移動の3原則とは、空気が移動することで熱が移動する【対流】、物を伝わって熱が移動する【伝導】、熱が直接放射される【輻射】があります。

    私たちの感じている熱移動の3原則とは、空気が移動することで熱が移動する【対流】、物を伝わって熱が移動する【伝導】、熱が直接放射される【輻射】があります。

  • Q.
  • 私たちが体感する、3つの熱の比率は?
  • A.
  • 伝導熱が全体の5%、対流熱が20%、輻射熱が75%です。断熱の考え方は、この伝導熱を断とうとする工法です。

    伝導熱が全体の5%、対流熱が20%、輻射熱が75%です。断熱の考え方は、この伝導熱を断とうとする工法です。

  • Q.
  • 輻射熱を防ぐには?
  • A.
  • 決め手は反射性になります。荻野建設でご提案している【遮熱材(リフレクティックス)】は、高い反射性能を誇っています。
    またリフレクティックスは、大量の放射線から身を守り、宇宙での活動を実現するため宇宙服に採用されています。

    決め手は反射性になります。荻野建設でご提案している【遮熱材(リフレクティックス)】は、高い反射性能を誇っています。またリフレクティックスは、大量の放射線から身を守り、宇宙での活動を実現するため宇宙服に採用されています。

  • 遮熱技術に関する公式サイトへ
  • ご相談・お問合せはこちらから

このページの上部へ

Access 360,393pv (2013.06.21〜) Today 41pv Yesterday 272pv Contents 19pages